mer05
糸巻き I

mer05

1,000円(税抜)

在庫状況 13・


メタルの糸巻き台紙。

少しだけ残った糸の整頓に。

刺繍糸や刺し子の絹糸はよく輪っかに巻いて売られていますよね。

すぐにぐちゃぐちゃに絡まらせてしまいます。気をつけているんですが…。


だったらはじめにちゃんと台紙に巻けば良いんですよね、笑。

どんどん縫っていくとやがて唐草の模様が見えてきます。


あぁ、たくさん縫ったなぁ、なんて思うのも楽しいものです。


ラテン語刻印

「心が錆びると才能も錆びる」

「小さきことに仕事あり されど栄光は小さからず」




台紙の穴は糸はじめに通して結んでいても良いと思います。

4箇所の切り込みは2種類の太さにしています。細い糸用と太い糸用です。

画像の青い糸は刺し子用の絹糸40mを巻いたもの。

ピンクの糸は手縫いの一番細い絹糸40mを巻いたものです。



制作過程を少しご紹介

画像5:唐草模様を切り出して真鍮台に溶接した原型
画像6:鋳造用の型を制作
画像7:錫を鋳造
画像8:研磨をしたもの

あとはメッキをして古美加工をして出来上がります。


*以下の内容にご了承の上お買い求めくださいませ。

・こちらの商品は真鍮ではございません。錫を型で鋳造して作っています。

・こちらの商品は青い錆(緑青)や黒い斑点がよく出ます。
 大きめの真鍮メッキの商品の特性です。
 不良ではございません。

・細い糸のようなものは腐植留めのニスです。お使いのうちに無くなります。

・大きな鋳造商品は鋳造時にできるス(穴)が目立ちます。大きなパーツの鋳造の特徴です。

・研磨の具合で少し地金の白さが見えているものがございます。


・素材  メタル(錫鋳造)
・サイズ 幅 4.2センチ 高6センチ 糸巻き部 幅3.4センチ 高3.2センチ