ワイヤー・テグス・カシメ玉の始末




ナイロンコートワイヤー、テグスはビーズを通してネックレスやブレスレットを作る時につかいます。
カシメ玉の始末をしっかりしておくのがポイントです。
1本どりより2本どりで使用する方が強度があがります。
ここでは1本どりで説明します。
 

● 必要なもの

  • やっとこ
  • あればピン曲げやっとこ
  • テグス・ナイロンコートワイヤー
  • カシメ玉(つぶし)
  • 瞬間接着剤




1. ナイロンコートワイヤー(テグス)にカシメ玉を通します。




2. カシメ玉にもう一度通して輪になるようにします。





3. 輪に目打ちの針先を少し差し込んでワイヤーを引っ張って輪を小さくします。
カシメを潰す位置にワイヤーが2本通ることで補強となります。




4. やっとこでカシメ玉を挟んで潰します。
挟むのがゆるすぎるとワイヤーが抜けてしまい、強く潰すと玉が壊れるので注意。




5. 潰した状態です。カシメ玉が斜めに潰れないようにしましょう。




6. ボールチップにワイヤーを2本とも通します。




7. カシメ玉に瞬間接着剤をつけます。ワイヤーが抜け落ちないための補強なのでしなくても構いません。




8. 接着剤はカシメにちょんちょんとつける程度で十分です。




9. やっとこで開いたボールチップをはさんで閉じます。
左手でしっかりチップを固定してあげるとやりやすいです。




10. 閉じました。 ピンが半円になっています。




11. ピン曲げやっとこかやっとこで丸く隙間のないリングになるように閉じます。




12. パールを通します。はじめの2〜3個までワイヤー2本とも通します。
余分なワイヤーをパールの際でカットします。




13. 3つ目のパールを詰めるとワイヤーが見えなくなるようにカットしてくださいね。




14. ボールチップをいれます。はじめとは向きを逆に入れます。




15. カシメ玉を通してはじめと同じように輪をつくり1〜2個目のぱーるまで2本通します。




16. 輪に目打ちの針先を少し差し込んでワイヤーを引っ張り輪っかをギリギリまで小さくします。




17. カシメ玉を潰します。





18. 瞬間接着剤をつけて補強。




19. やっとこをはさんでチップを閉じます。




20. 余分なワイヤーをパールのきわでカット。




21. 出来上がりです。


 
「基本を知る」インデックスページに戻る

 

 


パーツを探す

ロングバナーの説明文

モバイルショップ

パーツを探す